心の病気を治療する

心の病気を治療する病院

医者

現代はストレス社会と言われ、心の病気に悩む人が増えてきました。心の病気に対する注目度も高くなってきています。心の病気を治療する病院はどのようなものがあるのでしょうか。精神科と神経科は同じです。うつ病などの心の病気が専門です。心療内科はストレスなど精神的な要因の病気、胃潰瘍などが専門です。心の症状より、体の症状のほうが大きい場合です。神経内科はパーキンソン病など神経の病気が専門です。心の病気の専門ではありません。不安や不眠などは精神科に該当しますが、精神科と表記すると患者には敷居が高いと感じてしまうので、精神科、心療内科と併記したり、メンタルクリニックといった名称にすることが多いようです。他の病気が原因で二次的に心の病気の症状が出る場合があります。心療内科を受診する前にインターネット上でセルフチェックが出来ますので、確認してみると良いでしょう。どの診療科、どの病院を受診したらよいかはインターネットでも検索できるので、調べてみると良いでしょう。

病院選びで注意すること

心療内科を受診することになったら、病院を選ぶ必要があります。自分に合った病院、医師を探すことが重要です。カウンセリングを中心に診察してくれるところが良いでしょう。なにが原因で心の病気を発症しているかわからないので、日常の様子や日ごろ感じていることをすべて話す必要があります。医師と肌が合わなければ、話しづらいものです。大病院は他の診察科を受診する必要がある場合でも受診しやすいというメリットがありますが、混雑していて、待ち時間が長くなる傾向があるので、予め時間に余裕をもって診察を受けましょう。精神科、心療内科を専門にしている小規模な病院のほうが安心できるという人は多いです。家や勤務地に近く、通いやすいところが良いと考える人は多いです。また、内装が落ち着いた雰囲気であるところ、清潔感のあるところが人気です。わかりにくい病院では困りますが、あまり外から見えないほうが落ち着いて診察を受けられるでしょう。カウンセリングで医師がどのように答えるか、よく聞きましょう。すぐに薬を処方するのではなく、きちんと話を向き合って聞いてくれる医師がいる病院が良いです。心療内科での治療は長期化することがあります。治療を受ける際は、焦らずじっくりと取り組む気持ちをもつことが大切です。治療の効果が上がらないと気にしていると、かえって症状が悪化してしまうことがあるので、ゆったりとリラックスして治療を受けましょう。