心の病気を治療する

医者

心療内科は元々はストレスなどの精神が要因で発症する身体の症状に対応する専門病院でしたが、最近は心の病気を診察する精神科と併記されているとことが多くなりました。心療内科を選ぶには肌の合う病院、医師を見つけることが必要です。

さまざまな原因を探ります

カウンセリング

心療内科では心身症を中心に、身体的疾患を精神的不安と連動させながら治療を行っていきます。身体的疾患を中心とした治療を行うのが心療内科なのに対し、うつ病などの心の病気をメインに治療する精神科と区別されてます。他の内科と連動した治療で、原因がわかりにくい病状の治療に役立っています。

心の病は治せます

笑顔

情報化社会ではストレスを溜める事で、心を病んでしまう人が大勢います。心療内科や精神科の専門医による治療を受ければ早く社会復帰する事が可能です。最近ではこれ等の専門医による治療を受ける事に偏見を持つ人も減り、気軽に利用する人が増える傾向にあります。

身体の不調を診療

内科との違い

医者と看護師

心療内科は内科の科目に分類され、心身症に対して診察・治療・ケアを進めています。ウイルスや細菌などによる風邪やインフルエンザなどの病気とは一線を引いており、心理的や社会的な要因が身体に影響を及ぼし、その結果、病気に発展した際に足を運ぶ医療機関となります。注意したい点となるのが心身症の定義にもあり、高血圧や糖尿病、さらに近年患者数が急増している過敏性腸症候群などを得意としていることもポイントです。例えば、身体に不調が出て、検査を行ったものの、何処にも異常がない場合には心療内科を受診することも1つの手段です。また、内科と異なり、問診や触診よりもカウンセリングを重視しているため、診察時間が長いことも視野に入れておきたい点です。心療内科は精神科と類似している科目でもあり、身体に現れていないうつ症状やアルコール依存などの心の病気は、診察や治療の対象とはならないのも心療内科の特徴で、受診前に注意しておきたいポイントですし、神経科診療も精神科に分類されている科目に該当します。

取り扱いの定義

心療内科と精神科、どちらも病気の取り扱い方が類似しているものの、心の病気と身体の病気によって区分させることが可能です。しかしながら一般的に、心療内科が取り扱っている病気への理解不足は問題視されており、精神面から身体に現れる病気を扱う内容を健全者に知らせる必要があります。現代病が問題視されている現在、業界全体でこうした動きが加速傾向にあり、これまで、うつ症状や不眠症状などは精神科が担当してきたものの、寝つきが悪くなる神経症性不眠が影響し、幻覚や妄想の症状に陥る統合失調症を併発するケースも少なくない症例です。精神的な病気を放置しがちな現代人の生活において、軽い精神症状から大病へと影響を与えてしまうため、新たな病気を作らせない動きが高まっています。精神科のデメリットを反映させ、心が作用する病気が潜んでいる場合には精神科を勧め、さらに身体に起きた治療を効率良く回復させる専門機関を紹介する考えです。この結果、患者が何科を受診するべきかが理解できるなど、医療機関の勧め方1つ工夫することで、心療内科の診療定義の理解を示せる考えです。

より快適に生活するには

カウンセリング

現代人にとってストレスは切っても切り離せない問題です。心療内科ではそのような患者さんに対してカウンセリングを行う場所です。今後の生活が少しでもストレスのない生活になるよう早めの受診が気持ちを切り替えるきっかけになるでしょう。

心の病は治す事ができます

女性

ストレスを上手にかわせない人は心身症を患う事があります。心身症は心療内科の専門医に相談すれば薬物療法や心理療法、カウンセリングを行って改善を試みてくれます。自分に合う心療内科の専門医を見つける事が必要です。